Powered by Six Apart

2013年12月14日 (土)

蜜蜂のデザート/拓未司

蜜蜂のデザート

蜜蜂のデザート

神戸で起きた食中毒事件、パティシエたちの葛藤。

★★✩✩✩

どんでん返ししまっせ感がプンプンしてた割に、あんまりひっくり返せず。
犯人も意外でもなく。
結局、登場人物があまり好きじゃないな~ということで終わっちゃいました。

前作のほうが面白かったかも。
気持ちは悪かったけど。
それを彷彿とさせるっていうか、全く同じ表現を使ってみたりして、繋がりを出そうとしたところもあったねぇ~。

2013年12月 5日 (木)

禁断のパンダ/拓未司

禁断のパンダ

禁断のパンダ

神戸でビストロを営む幸太が事件に巻き込まれる。

★★★✩✩

誰が主役だろうか~?と途中思いましたが(本当に巻き込まれるだけだった)サクサク読めました。 夕飯の支度中にクライマックスに差し掛かってしまい、とーっても気持ちの悪い状態になってしまい(^^;)最後の最後に、本気で気持ちが悪くなりました(=△=;) 妊婦さん&乳児のお母さんにはあまりオススメできない作品でした。 でも、美味しいものを食べに行きたい気持ちにはなりました。

2011年7月 3日 (日)

雪の練習生/多和田葉子

雪の練習生
雪の練習生

サーカス団員から作家になった「わたし」→踊り子からサーカス団員になった「トスカ」→動物園で人気者の「クヌート」
3つの話

★★☆☆☆

特殊な世界と、時代背景になかなかついていけなかった。
最後のクヌートだけは覚えがあったのでそうかもなーと思いながらサラサラっと読めましたが、最初のトスカとわたしの話はなかなか・・・・。
表現とか流れは上手いなーと感じました。

2011年4月15日 (金)

黄昏たゆたい美術館/柄刀一

黄昏たゆたい美術館
黄昏たゆたい美術館

絵画修復士の御倉瞬介が遭遇した事件を推理する。

★★★☆☆

絵画をちょびっと絡めた推理小説でした。普通。

2011年3月26日 (土)

時を巡る肖像/柄刀一

時を巡る肖像
時を巡る肖像

絵画修復士の御倉瞬介が遭遇した事件を推理する。

★★★☆☆

3作目から読んでしまったので、慌てて1作目(ですよね?)のこれを読みました。
が、3作目が結構スケールの大きな話で、絵画と濃密に絡んでた感があっただけに、物足りない感がありました。
あんまり絵、関係ないよねって。
連ドラのサスペンス1話解決を見ている感じでした。

2011年3月17日 (木)

システィーナ・スカル/柄刀一

システィーナ・スカル
システィーナ・スカル

絵画修復士の御倉瞬介がイタリアで出会った絵画にまつわる出来事の真相を推理する。

★★★★☆

絵画好きとしては、とっても興味深いお話でした。
先人たちは、絵画に色々託してはいたけど、そこまで深く考えて描かなくてはならなかったのかな?宗教画だから?
だからこそ瞬介の推理も冴えわたるってことかしら。

後半、シモーナはどうなったのか?ちらりとしか語られないことに、モヤモヤが残りました。
続くの?

追記;どうやら1作目じゃなかったみたいで・・・・。こりゃ読まなきゃですね。

フォトアルバム

BABY

坊やの月誕生日

  • 4歳0カ月(2013年5月)
    2009年5月5日に生まれた坊や。 毎月5日に撮影した坊やの成長を記録です。

僕ちんの月誕生日

  • 7か月(2014年4月)
    2013年9月9日に生まれた僕ちん。 毎月9日に撮影した僕ちんの成長を記録です。

スクラップブッキング

  • ミニアルバム happy SiLLY smiles(考え中)
    スクラップブッキングと、デジタルで作ったスクラップを見て見て(^0^)

携帯ブログ

  • あのあん・ちょい

BOOK

  • 本棚

子供本

EAT・SHOP

  • 食べログ